吹き出物 治す方法 早く

吹き出物の特徴は?【吹き出物を1日でも早く治す方法】

吹き出物の特徴は?【吹き出物を1日でも早く治す方法】

 
大人になってからの吹き出物(ニキビ)は、多くの男女を悩ませています。
 

 

吹き出物の特徴は?【吹き出物を1日でも早く治す方法】

 

 

10代の頃の思春期ニキビは、洗顔を丁寧にしていれば治ることが多かったのに、それに対してニキビ跡やシミになったり、なかなか治りにくい吹き出物。

 

 

そんな頑固で繰り返される吹き出物の正体は、「大人ニキビ」が原因です。この吹き出物(大人ニキビ)を1日でも早く治すにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

吹き出物の根本的な原因

 

吹き出物の根本的な原因は、「肌の乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」によって、古い角質層がうまくはがれずに毛穴を塞ぐことでできてしまいます。肌の乾燥はみなさんご存知のとおり、「保湿」で改善されます。

 

 

ターンオーバーの乱れは「ストレスによるホルモンバランスの乱れや、寝不足、食生活の乱れ」によるもので、規則正しい生活をすることで予防することが出来ます。

 

 

しかし、仕事で忙しかったり、ストレスや疲れがたまるのは仕方のないことです。そんな、どうしても予防できない生活習慣でできてしまった吹き出物を、『1日でも早く治す方法』をご紹介します。

 

 

今回はその方法をご紹介する前に、まず吹き出物の特徴から見ていきましょう。まずはきちんと特徴を把握することで、適切な治し方を見つけることができますし、予防する知識にもなります。

 

 

 

 

そもそも『吹き出物』と『ニキビ』の違いを知っていますか?


先ほどから吹き出物(ニキビ)と書いていますが、そもそも吹き出物とニキビは何が違うのでしょうか。吹き出物の特徴の前に少しだけ説明します。

 

吹き出物とニキビは基本的には同じです。若い頃の吹き出物は「思春期ニキビ」と言われています。大人になってから出来る吹き出物は「大人ニキビ」という言い方をします。

 

思春期ニキビは、成長期において皮脂分泌が過剰になることが原因ですが、大人ニキビは先ほど説明したとおり、原因が様々で一つに絞ることができません。なので、大雑把に『吹き出物』とひとくくりにする場合があります。

 

 

吹き出物とニキビの違いがわかったところで、次は吹き出物の特徴を把握しましょう。

 

 

吹き出物(大人ニキビ)の特徴を把握する

 

吹き出物(大人ニキビ)にはやっかいな特徴があります。この特徴を把握することがとても大切です。

 

 

@根本的な治療が出来ていないと、吹き出物(大人ニキビ)は再発する

吹き出物(大人ニキビ)は、「ターンオーバー」や「肌の乾燥」を改善しないと、毛穴に詰まったアクネ菌が悪さをして、再発する可能性があります。ほとんどの方はこの再発するというところに肌の悩みがあるんだと思います。

 

Aシミ・ニキビ跡が残りやすい

吹き出物(大人ニキビ)を繰り返すとシミ・ニキビ跡が残る原因になります。もちろん思春期の頃とは違い、肌の代謝も悪くなっているので、色素沈着や凹凸などの跡になって残りやすいです。

 

 

吹き出物の特徴を知って見えてくることとは?

 

それは、『吹き出物は根本的に治さないと再発する』ということです。若い頃とは違い治りが遅いのは仕方ありません。

 

 

しかし、それよりも吹き出物は何度も繰り返す可能性があります。そしてその吹き出物が悪化して更なる肌トラブルを引き起こすかもしれません。

 

 

「放っておいたら治るだろう・・・」

 

 

という考えは捨ててください。思春期ニキビは放置していても自然に治りますが、吹き出物(大人ニキビ)はこれらの特徴によって繰り返したり、シミやニキビ跡になる可能性があります。

 

 

吹き出物(大人ニキビ)は根本的に治療する!これを心がけてくださいね。次は、吹き出物を1日でも早く治す方法で効果的な『4つのポイント』をご紹介します。

 

 

 

>>吹き出物を1日でも早く治す『4つのポイント』

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加